NEになるよっしーの雑記なブログ

ネットワークエンジニア、Cisco系資格のことやその他雑多なことについてボソボソと書いています。Twitterやってるんでよかったら!https://mobile.twitter.com/4N6d6

雪と言ったら雪ノ下雪乃でしょ!!

 

 

今週のお題「雪」

雪といえばそう、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』のヒロインである雪ノ下雪乃ですよね!

今回は今週のお題である「雪」にあやかって私の大好きなライトノベル原作の『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』をご紹介していきたいと思います!!

f:id:yosshi-777-fine:20190223000440j:plain

目次

 

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』について

「青春とは嘘であり、悪である。」物語の冒頭に語られる1文です。人はみな苦い思いや、失敗の経験を「青春」という言葉で着色することによって思い出として美化してしまいます。

 

この事を「青春とは嘘であり、悪である。」という言葉で表しているようです。

この一文は物語の主人公である比企谷八幡が作文課題として自らの考えを表したものなのですが、このシーンのみならず、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』通称俺ガイルでは多々人の在り方、正しい考えなど価値観に訴えかけてくるような場面が多く登場します。

 

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』は登場人物たちの子気味良いセリフ回しと秀逸な文言でクスっと笑える部分を作りつつ、思春期の高校生たちの日常生活を通して人とはどうあるべきかという事を考えさせるような作品となっております。

雪ノ下雪乃とは

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』のヒロインです。

容姿端麗で成績はトップ、完璧超人のような人物として描かれており、比企谷八幡と同じ奉仕部であり部長をしています。

 

奉仕部とは「持つものが持たざる者に慈悲の心をもってこれを与える。人はそれをボランティアと呼ぶの。困っている人に救いの手を差し伸べる。それがこの部の活動よ。」だそうです笑

 

この冷静な感じの文が透き通った声で再生される。それだけでも特徴あるいいキャラクターですよね!

 

完璧超人故いじめられていた過去があり、上履きを60回盗まれたらしい笑

第一印象はよく言えば冷静沈着、悪く言えば傲岸不遜のような女の子。

雪ノ下雪乃の魅力

この作品に登場するキャラクターはもれなく皆ひねくれていたり、ひと味違うのですが笑、その中でもトップの個性の強さがあります。

 

強そうで冷静な彼女の中にある熱くてめんどくさい人間臭さ、これが巧みな文章と物語で起こるイベントによってプンプン臭ってきます。

 

メンタルの強そうな印象とは異なって、過去の出来事や自分の行動にくよくよ悩み、病んでしまうのでは?と思うくらいの脆さがある。これが雪ノ下雪乃の最大の魅力なのではないでしょうか

まとめ

作品を通して筆者の渡航先生の考えだったり、言いたいことがヒシヒシと伝わってくる作品です。 

そして、その考えに共感している人達が多いことがこの作品の人気な理由でしょう。

最新巻である13巻は少し前に発売していますがその前巻である12巻と11巻の発売日の間は2年4ヶ月と長い期間が経っています。

 

詳しいことはわかりませんが、筆者の渡航先生はおそらく物語のラストに向けて構成を練り込んでいることでしょう。

 

そして、次の巻か、その次の巻かはわかりませんが『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』が完結する時。話題や反響は物凄いものになると予想されます。

 

もし気になっているのであれば、今すぐにでも見てみるといいでしょう。

 

アニメはAmazonプライムでご覧になれますのでよかったら!